業務紹介

監査業務

真のグローバルファームの一員として

EYでは、あらゆるステークホルダーのニーズに応えられるよう、誠実に向き合うための努力を続けています。
グローバルファームとして私たちが提供する監査の品質は、世界中のさまざまな大手企業や成長企業に対する監査業務に従事してきた幅広い経験を持つプロフェッショナルが、ビジネスを深く理解しリスクに対応した深度ある監査を実践することにより担保されています。複雑な問題に対応できるあらゆる分野のプロフェッショナルによる監査チームを組成し、実績のあるグローバルのメソドロジーや最新の監査ツールと知見を最大限に活用し、一貫性のある監査を提供しています。
日本においては、セクターにフォーカスした事業部編成が行われており、深度あるセクターナレッジをベースとした財務諸表監査や内部統制監査、リファーラル業務などの実務を通じて、さまざまな専門性の基礎となる監査への理解を深めていただけます。 
また、クライアントからの多種多様なニーズに応えるため、同時提供可能な非監査業務の提供も行っており、クライアントに対するワンストップな業務の提供を経験することも可能です。
これらの業務は、グローバルネットワークを通じた知見やツールを効果的に導入し、日本の市場経済に適した現場重視の監査が行われています。そのため、海外オフィスとのコミュニケーションはもとより、海外出張や駐在、IFRS監査などを通じてグローバルな実務経験を積むことも可能となっています。
またEYは、グローバルネットワークの統合度について、業界で高い水準を誇るため、私たちは提供するサービスのイノベーションに取り組み、その品質を追求することによって、日本で、そして世界で成長を続けています。
EYというグローバルファームの一員として監査品質を高めていく中で、国内外にかかわらずあなたのご経験やスキルを活かし、さらなる挑戦を可能にする多種多様なフィールドをご用意しています。

財務会計アドバイザリーサービス
Financial Accounting Advisory Services(FAAS)

FAAS業務をひと言で表すと、CFOの「ビジネスパートナー」としてクライアント企業の成長をサポートする業務といえます。グローバル経済の変化は、企業の成長戦略に大きな影響を与えており、CFOおよび経理・財務部門は成長戦略の課題に対しても、積極的に関与することが求められています。このような環境において私たちは、CFOの「ビジネスパートナー」として、成長する企業が抱える課題に対しさまざまな場面で解決をサポートしています。

【プロジェクト例】

海外進出・上場の場面で
  • IFRS・US GAAP等導入支援
  • 海外上場、米国ファイリング(F-4, 20-F等)支援
海外M&Aの場面で
  • 企業結合会計、連結会計支援
  • PMI(買収後統合)支援
組織・業務の再編・改善の場面で
  • 組織再編に係る会計支援
  • 決算早期化を含む決算プロセス変更支援
  • 管理会計の高度化支援
  • シェアードサービスセンター導入支援
  • 経理・決算オペレーション支援
  • ロボティクス(RPA)導入支援

FAAS業務は、クライアントと成功を共有し、ともに成長し、かつ感謝される非常にやりがいのある仕事です。課題を明確化してプロジェクトを組成、推進し、ゴール達成までクライアントをリードしていきます。海外に関連する業務が多いため、英語力など海外対応能力があればさらに仕事の幅が広がります。EYの他サービスラインや海外EYと連携し、よりダイナミックなサービスを提供する機会も多いです。将来はグローバルに展開するEYの中で活躍の場を広げていくことも可能です。

Forensic & Integrity Services

企業が抱える贈収賄や不正の悩みを解決するサポートを、
グローバルネットワークと専門性を兼ね備えたプロフェッショナル集団『EY Japan Forensics』の一員として、
一緒に実現しませんか。

Forensicsとは
Forensicsとは、約80ヵ国、5,000名超の専門家から構成される、EYの不正調査、不正対策、コンプライアンス専門のサービスラインです。
公認会計士、公認不正検査士、当局出身者、コンプライアンス専門家、リスクコンサルタント、eDiscovery専門家、サイバーセキュリティ専門家、データ分析専門家などの様々な専門家集団と、EYのネットワークを活かしたグローバルレベルの高品質な対応力で、有事対応のみならず、平時における事前の対応においてもワンストップで各種サービスを提供します。

Forensicsの『ひと』
Forensicsのキーワードは『リスペクト』『化学反応』『チームプレー』です。ダイバーシティに富んだ環境の中、国際色豊かなForensicsメンバーが互いの専門性をリスペクトし、チームプレーによって化学反応を起こし、最高の結果を生み出すことができるチームです。

Forensicsの『働き方』
Forensicsの業務は『平時対応』と『有事対応』に分かれます。
平時対応としては、企業のコンプライアンスリスク対応支援や海外子会社の不正対策支援などのサービスを提供し、有事対応である不正調査では、限られた時間にチームが一丸となって集中的に調査に取り組みます。
Forensicsのテクノロジーを支えるFTDSグループでも同様に、平時においてはサイバーセキュリティやAI等の最先端テクノロジーを研究し、サービスの開発や改善を行い、有事におけるデジタルフォレンジックやデータアナリティクスについては、オフィス内にある専用作業エリア(フォレンジックラボ)にて集中して業務に取り組みます。
Forensicsでは、在宅勤務やシフト勤務を積極的に活用して、メリハリのある働き方を実現しています。

Forensicsの『グローバルネットワーク』
Forensicsでは、各国EYのForensicsプロフェッショナルと連携することにより、企業の海外拠点が存在する地域の複雑な規制、商慣習や取引実務の最新動向など最先端の知見を活用したサービスの提供を実現しています。EYのネットワークを活かしたグローバルな働き方が実現できる環境です。
また、Forensicsグローバル共通のポリシーやメソドロジーを学ぶことにより、常に専門性をアップデートできる環境です。

気候変動/サステナビリティ
Climate Change and Sustainability Services(CCaSS)

気候変動/サステナビリティサービス(CCaSS, Climate Change and Sustainability Services)は、気候変動及びサステナビリティ分野の保証やアドバイザリーサービスを提供するEYのサブ・サービスラインです。EY では、グローバルに650人以上いるサステナビリティの専門家と先進事例やプロジェクトから得た知見・知識を共有しながら、統合したサービスを提供しています。私たちのビジョンは日本で育まれた経営の強み(共創型価値創造)をグローバル社会の持続可能な成長に生かし、世界のロールモデルとして、新たな資本主義の秩序作りをリードすることです。私たちは、環境、人権、サプライチェーン、サステナビリティ報告と保証、パブリックサービスの専門家からなるチームです。メンバーの半数以上が女性(管理職を含む)、3分の1が外国籍です。生き生きとしたインターナショナルな環境で、より良い社会の構築のために貢献できる人材を求めています。