HOME > 法人案内 > セクターナレッジ

Sector Knowledgeセクターナレッジ

業界知識の探求

EY新日本では「金融」「テクノロジー」「自動車・運輸」など、さまざまな業界特性に応じた業種(セクター)別の組織運営体制を敷いています。
EYで行われているグローバルベースでの業種別活動と密接に関連しながら、ナレッジ面では、
より細やかな区分で集積・展開しているのが「セクターナレッジ」活動の特色です。

※撮影用に映像内ではマスクを着用しておりません。
EYではさまざまな「セクター」のクライアントを有しています。
「セクター」とはクライアントの属する「業種」のような意味で、セクターによってビジネスの特徴や、会計・監査上の論点もさまざまです。
私たちは、こうしたセクターごとのナレッジを高めていくことにより、会計・監査の専門家であると同時に業種に関する知見についても、クライアントへの期待に応えていきます。
セクターについて魅力を語っていただきますが、化学、建設・不動産、小売セクターのハイライトをご覧ください!

セクターナレッジの主な取組み

業界のリーディングカンパニーを担当するエンゲージメントメンバーを中心に、セクター特有の会計・監査論点や、業界動向に関する情報を集積・共有するための体制を以下の17セクターにて組成しています。EY Globalで推進しているグローバルセクター組織体制と連携して、グローバルベースでナレッジを共有できる体制を構築しています。

セクターナレッジの展開

現場の経験、グローバルとの
連携、外部の知見
各セクターでは、守秘義務に
反しない範囲で情報収集や
意見交換を定期的に実施
内部発信
内部研修、ニュースレター配信などにより法人内に共有。ナレッジを周知し、人材育成、監査品質の向上に寄与

外部発信
法人書籍、情報センサー、企業会計ナビ等各種媒体を通じ、会計監査に関するトピックを発信。また、人材の輩出を通じて業界に貢献。