HOME > 法人案内 > EYについて

About EY EYについて

私たちのパーパス(存在意義)

Building a better working world
より良い社会の構築を目指して
優れた知見や高品質なサービスの提供を通して、
資本市場と世界経済における信頼の構築に貢献します。
あらゆるステークホルダーに対する約束を果たすための
チームを率いる優れたリーダーを育成していきます。
そうすることで、私たちはEYメンバー、クライアント、
コミュニティーのためにより良い社会の構築を目指して、
重要な役割を果たします。

世界がこれまで以上に急速に変化していく中、EYのパーパスは、30万人以上ものメンバーにとって、日々行う業務の背景や意義を明らかにし、進むべき方向を示してくれる不動の「北極星」のような存在です。私たちは、データ侵害と最前線で闘うデジタル専門家を支援し、政府がキャッシュフロー危機を乗り越えられるよう助言し、データーアナリティクスを活用した新たな治療法の発見に貢献し、資本市場とビジネスに対する信頼を構築するために高品質の監査を追求しています。言い換えれば、アントレプレナーや企業、国家全体と協働して、彼らにとって最も差し迫った課題を解決しているのです。

EYは、4つのサービスライン(アシュアランス、コンサルティング、ストラテジー・アンド・トランザクション、税務)が提供する総合的なサービスとセクターに関する深い知識を通して、クライアントの皆さまが新しい機会を活用し、リスクを評価して管理するためのサポートを提供し、社会的責任を果たしながら成長を続けられるよう支援します。複合的サービスを提供し、最高の成果を上げることのできる私たちのチームは、クライアントの皆さまが規制上の要件を順守し、投資家に対して継続的に情報提供を行い、ステークホルダーのニーズに応えられるようサポートします。

私たちは、より良い社会とはインクルーシブ(包摂的)で持続可能な経済成長が実現されている社会だと考えています。私たちはEYメンバーおよびイノベーションに投資することで、すべてのサービスの品質を向上させるための努力を継続的に行っています。EYのパーパスを実現し、前向きな変化を生み出す一助とするために、私たちのナレッジ、スキル、経験を活用する。そのためにクライアントの皆さまや、より幅広いステークホルダーと協働できることを、私たちは光栄に思っています。

EYの概要

※日本は、EY Japanの全構成員数です。(2020年6月30日現在)

アジア・パシフィック約59,000名(日本約9,500名)、欧州・中東・インド・アフリカ約121,000名、北・中・南米約79,000名

上記以外にglobal サポート部門が約47,000名います。
(2020年6月30日現在)



名称 EY(Emst&Young)
統括本部 ロンドン
本部所在地 6 More London Place, London SE1 United Kingdom
会長兼最高経営責任者 カーマイン・ディ・シビオ(Carmine Di Sibio)
総人数 約310,000名(2021年6月時点)
所在地 150以上の国と地域
グローバル総収入 400億米ドル
エリア Americas(北・中・南米)、Asia-Pacific(アジア・パシフィック)、EMEIA(欧州・中東・インド・アフリカ)
サービスライン アシュアランス、コンサルティング、タックス、ストラテジー・アンド・トランザクション
設立 1989年(アーンスト・ウイニーとアーサー・ヤング合併による)

EY Japanの概要

EY Japanは、EYの日本におけるメンバーファームの総称です。
2017年に日本の各メンバーファームを出資者として設立したEYジャパン合同会社の下、EY新日本有限責任監査法人、EY税理士法人、EYストラテジー・アンド・コンサルティング株式会社などの豊富な業務経験を有するプロフェッショナルが、案件ごとに最適なチームを編成しサービスを提供しています。

EY Japanの概要図

EY Japan
  • EY新日本有限責任監査法人
  • EY税理士法人
  • EYストラテジー・アンド・コンサルティング(株)
  • EYビジネスパートナー(株)
  • EY行政書士法人
  • EY社会保険労務士法人
  • EY弁護士法人
  • EYソリューションズ(株)
  • EYフォレンジック・アンド・インテグリティ合同会社
  • EY Japan株式会社
  • EYジャパン合同会社

*各法人は法的に独立した組織です。