HOME > 法人案内 > 理事長メッセージ

Message 理事長メッセージ

変化の先へ、あなたと共に


目まぐるしく変化する経済環境の中で、今や企業はESG(環境、社会、ガバナンス)への対応を意識した経営が求められています。監査法人もこのような社会の期待の変化を捉えた上で、資本市場の信頼性の確保に貢献していく必要があります。そのために、私たちEY新日本有限責任監査法人(以下、EY新日本)は、変革を厭わないプロフェッショナルが集うイノベーティブな組織であり続けたいと考えています。

情報に対し信頼性を求める期待を背景に、公認会計士のキャリアや可能性は益々広がっています。EY新日本には、新しいことにチャレンジする組織風土と、それを後押しするさまざまな研修や制度があります。皆さんが公認会計士として自分らしいキャリア形成や働き方を実現し、プロフェッショナルとしての誇りと仕事へのワクワク感を感じながら人生を切り拓いていけるよう、私たちは全力でサポートします。

「アシュアランス(監査)4.0」
への進化
私たちEY新日本は、資本市場の信頼性の向上とデジタル社会の健全な発展のために、次代の監査・保証サービスを提供するビジネスモデル「アシュアランス4.0」を追求しています。さまざまなデータと最先端のテクノロジーの活用をさらに推し進め、公認会計士は専門的かつプロフェッショナルな領域に特化していくことで、より効率的で深度ある監査を実現し、被監査会社へインサイトを提供していきます。この「アシュアランス4.0」の中心となって未来の監査を創り上げていくのは、皆さんのようなデジタルネイティブ世代の公認会計士です。
EY新日本では、2021年7月からデータ&テクノロジー分野の人材を対象とした新たな人事制度と育成・キャリア形成を支援するフレームワークを導入し、デジタル人材のスキル向上とキャリア開発をさらに加速しています。デジタル分野でも最先端を走る監査法人として、皆さんと共に新しい時代の監査を先導していきます。
グローバルな経済社会の円滑な発展に
貢献するプロフェッショナルとして
経済市場のボーダーレス化が進む中で、これまで以上に、さまざまな国籍やバックグラウンドのEYのプロフェッショナルと共に働く機会が増えています。EYのメンバーファームには、税理士や弁護士、不正対策やデジタルの専門家など豊富な知見や経験を持つプロフェッショナルが集っています。また、ダイバーシティ、エクイティ&インクルーシブネス(DE&I)の取り組みにも注力し、多様な人材が互いを理解し、尊重し、刺激し合いながら成長できる環境があります。 EY新日本は、皆さん一人一人が自分らしくいることが、プロフェッショナルとしての可能性を最大限に発揮できると信じています。