HOME > キャリア > キャリアプログラム

キャリアプログラム

豊富なプログラムで世界の未来を視野にいれたキャリアを築く

EY新日本有限責任監査法人は、EYとの連携を生かしたものやJICPA、民間企業への派遣など、日本の枠組みにとどまらず、世界を視野に入れたキャリア形成を促進する多様なキャリアプログラムを用意しています。これは、EY新日本有限責任監査法人が“人こそ財産”と考えているからです。自身のキャリアを考えるのみならず、そこで得られた経験をもってどのように活躍し、社会に貢献していけるのかを意識してみてください。その意識が皆さんの成長への大きな一歩となることでしょう。

Global Next Gen

目的
グローバルに活躍できる次世代リーダー候補として、必要な知識・視点・ネットワークの習得を目的とする。
内容
シニアマネージャーからの選抜により、マーケッツシミュレーションや経営層への事業提案等のプログラムを通し、様々な角度からリーダーシップを磨く。

国内異動

目的
さまざまな部門で多様な経験を積み、部門を超えたネットワークを構築する。
内容
事業部・事務所間などの国内異動。
  • 監査部門から品質管理本部に異動し、監査品質向上のためのスキルを磨く。
  • 東京事務所から地区事務所へ、あるいは地区事務所から東京事務所へ異動する。

国内出向(JICPAなど)

目的
JICPAの品質管理手法やASBJの最新の会計基準の動向などに接することにより、業務の質を深める。
内容
  • JICPA品質管理レビュアー
  • JICPA専門分野の研究員
  • ASBJ(企業会計基準委員会)専門研究員など

国内出向(民間企業)

目的
公認会計士としての知見を活かして民間企業に貢献すると同時に、民間企業での業務に関する知識を吸収し、理解を深めることにより、プロフェッショナルとしての幅を広げる。
内容
法人業務に密接に関係する民間企業に出向し、それぞれの専門的業務に従事する。

シニアチャレンジプログラム

目的
日本を代表する上場企業で実務経験を積むことで、プロフェッショナルとしての業務の幅、奥行きを広げる。
内容
日本CFO協会との連携のもと、3年程度各種企業に出向するプログラム。主に以下の業務に従事する。
  • 経理、財務、IFRS担当、プロジェクト担当 など

メンバーファームへの出向・転籍

目的
異なるサービスライン業務に従事することにより、業務経験や知識の幅を広げる。サービスラインを越えたネットワークを構築する。
内容
日本エリアの各サービスライン(アシュアランス、アドバイザリー、タックス、トランザクション・アドバイザリー)の業務に従事する。

海外駐在(JBS)

目的
海外での生活や業務を通じて、タイバーシティ(多様性)への対応力を向上させるとともに、人的ネットワークを構築する。将来、国際力を備えたグローバルリーダーとしての活躍を期待する。
内容
日本企業の海外展開をサポートするEYのグローバルネットワークである、JBS (Japan Business Services)のメンバーとしてEY海外事務所に駐在する。監査、税務、アドバイザリーなどの業務を通じて、現地に進出している日本企業顧客の維持・拡大のための均一で高品質なサービスを提供する。業務範囲が多岐にわたるため、多種多様な経験を積むことが可能

GEP(Global Exchange Program)

目的
EY海外事務所で実際に監査業務を行うことにより、グローバル人材としてのキャリアを積む。
内容
EYのメンバーファームが職員を相互に受け入れ、現地の環境で業務に携わりながら実務的なプロフェッショナルを育成するプログラム。一定の選考プロセスを経て、グローバルで活躍する素養を備えた職員が選抜される。

GNH(Global New Horizon)

目的
海外オフィスの仕事現場や文化を直に体験し、グローバルなコネクションを構築する。
内容
EYのメンバーファームが職員を相互に受け入れ、現地で業務に携わりながら、3か月間、現地で国際感覚や経験を培う短期育成研修。若手職員を対象とし、一定の選考プロセスを経て、グローバルで活躍する素養を備えた職員が選抜される。