HOME > キャリア > 人材育成

Career Development 人材育成

世界共通の人材育成フレームワークで総合的なキャリア形成を支援

EY新日本有限責任監査法人では、EYグローバル共通の人材育成フレームワークに則って、一貫したキャリア形成を支援しています。「Learning」「Experiences」「Coaching」という三つの要素を育成の柱に据えて、メンバー一人一人の能力開発を積極的にサポートし、グローバルに活躍できる人材の育成に日々注力しています。

Learning
自身の経験、キャリアプランをもとに、キャリアの先輩であるカウンセラーと相談しながら、豊富な研修プログラムから受講目的にあった研修を受講することが可能です。また、専門知識に限らず、人的スキルを磨く研修など一般のビジネススキルを磨く研修も受講できます。
Experiences
一人一人がExperience Mapを作成し、それに基づいた業務経験を積んでいきます。日常業務におけるOJTに加え、プロフェッショナルとしての成長やキャリア形成の観点でさまざまな制度やプログラムが準備されています。上司やカウンセラーとのコミュニケーションを通じて、一人一人のキャリア目標に必要な経験を、体系的に身に付けて成長していくことができます。
Coaching
キャリアの先輩である経験豊富なカウンセラーからのフィードバックや業務を直接指導するフィードバックプロバイダーからのアドバイスなど、多面的なフィードバックを日常的に行う体制を整えています。コーチング文化を根付かせることで、組織全体の自立的な成長を実現します。

法人、社会、そして未来へ貢献できる人材へと成長するために

「LEAD」- Leadership Evaluation and Development
LEADはBetter Conversation(より良い対話)を通じて一人一人のキャリア、能力開発、パフォーマンスについて考え、取り組むべきActivityを作成し、フィードバックを受け取ることでさらなる成長につなげる仕組みです。私たちプロフェッショナルはEYのLeadershipフレームワークに基づき、My purposeを軸とし、自分自身もベストな状態で成長を実感しながら、より良い世界の構築(Building a Better Working World)を目指していきます。
すべてのプロフェッショナルにカウンセラーが任命され、過去よりも未来にフォーカスしたコーチングや指導、有意義な対話を行うことで、カウンセリーの経験がより充実したものとなるように導きます。LEADを通じて、生涯にわたるキャリアの形成、社会に広く貢献していく当法人の戦略を実現していきます。

ねらい

●メンバーの将来設計の指針づくり
●フィードバックの実施と成長機会の創出
●法人への貢献を公正に評価し、待遇に結び付ける仕組みづくり

特徴

●メンバー一人一人によるGoal Planの設定
●法人がメンバーに求めるスキルの明示
●本人への多方面からのフィードバック
●公正で透明性の高い評価プロセス
●法人の戦略と結び付く目標と評価
●多数の参画者による評価の客観性の確保