職員インタビュー

プロフェッショナルとしての
自覚のもとで。

コンサルタント職 2018年入社
Forensics事業部 スタッフ

T. Tajima

2018年入社。幅広い業界のトップ企業を見る中、大きな影響力ある企業としてEY新日本に惹かれる。面接で現在の上司に出会い「この人と一緒に働きたい」と思い、入社。

クライアントを不正リスクから守る

人は誰でも失敗を経験するものですが、企業も同様に失敗することがあります。失敗をしたときにどうするのか、どのように未然に防ぐのか、そんなとき、頼りにされる存在であり続けることが、私たちForensics事業部のメンバーの目指すところです。
私がアサインされることが多いのは「コンプライアンスリスクに係るアドバイザリー業務」と「不正調査業務」です。前者は、贈収賄をはじめとする重大なコンブライアンスリスクに対応するため、リスク評価の実施やコンプライアンス・プログラムの現状把握や改善業務などを担当します。後者については、不正が発生してしまった、もしくはその疑いのある企業に対し、不正概要の事実確認や類似不正の調査等を実施します。海外子会社の不正リスクについての関心が増していることもあり、業務の一環として海外出張に行くことも珍しくありません。

粘り強く働きかけて不正防止に貢献

あるクライアントのコンプライアンスリスク評価業務を担当した際、当初は私たちからの指摘に対して、クライアントの皆さんはあまり耳を傾けてくれませんでした。しかし、何度も事例やベストプラクティスの説明を重ねるうちに「このままではコンプライアンス上、まずいですよね」と口にされるようになり、クライアントの意識に変化が生まれてきたのを実感しました。粘り強く働きかけることにより、不正防止の第一歩でもある「意識の変化」を実感することができた瞬間は、とても嬉しいものでした。
不正発生時に頼りにされ、「救ってくれてありがとう」という言葉をいただくのはもちろん嬉しいですが、平時対応と呼ばれる、不正を未然に防ぐための取り組み支援がクライアントの期待値に達し、業務終了の際に「ありがとうございました。また機会があればぜひよろしくお願いします。」と声をかけていただけたときは、とても嬉しいものでした。着実にクライアントに貢献できているという実感も、大きなやりがいの1つです。

尊敬する上司・先輩の姿を目標に

入社当初より上司から言われ続けてきたのは「プロフェッショナルであれ」ということです。まだ経験の浅い若手ですが、クライアントの前ではコンプライアンスに関する専門家、プロフェッショナルでなければなりません。あるパートナーの方からは、「バリュー」「アティテュード」「スキル」「ナレッジ」の4要素のバランスが取れていること、それぞれの要素を自ら成熟させていることがプロである条件だと教わりました。この言葉を常に意識しながら、プロとしての自分を磨いていこうと考えています。
私がEY新日本への入社を決めた一番の理由は、一緒に働く“人”という魅力でした。プロフェッショナルと呼ぶにふさわしい上司・先輩方に囲まれ、その背中を追いかけながら仕事に打ち込める環境は、とても刺激に満ちています。

責任と裁量を持たせてくれる

EY新日本の最大の魅力は、若いうちから責任のある仕事を任され、大きな裁量を持たせてもらえることです。実際私も2年目にクライアントとのミーティングで主体となって成果物について説明したり、海外EYとのミーティングでファシリテーターを務めたりしました。また、時には案件の主担当を務め、職階に関わらず業務指示を出すこともあります。あらゆる業務に対して「経験が浅いから無理」と言われることはありません。積極的に背中を押してくれるカルチャーは、EY新日本ならではです。
在宅勤務やシフト勤務などが自分の裁量でできるのも大きな魅力で、若手であっても一人の自立したプロと認められているからこそだと感じます。

自己の成長がEY新日本の発展に

尊敬できる上司の期待に応え、クライアントからも厚い信頼が得られるよう、社内外の誰からもプロフェッショナルと認められる人材になることが私の目標です。そのためにアサインされた案件では常にベストパフォーマンスを発揮できるよう意識し、多様な経験から自分の幅を広げていきたいと思います。
そして、私自身の成長を通じてForensics事業部の成長に貢献し、ひいてはそれをEY新日本のさらなる発展に結びつけていくことが最高の喜びです。EY新日本は人が育つための環境が整っており、大変恵まれていると感じています。海外のEYオフィスへの出向や海外派遣プログラムなど充実した海外研修制度も積極的に活用し、一歩ずつ、着実に前進していきたいと考えています。

One day schedule

  • AM 10:00

    【出社(シフト勤務)・ミーティング】海外EYチームと協議・検討

  • AM 11:30

    【ミーティング】クライアントミーティングに向けてチームで軽く打ち合わせ

  • PM 12:00

    【ランチ】お弁当を買ってオフィスで景色を楽しみながら

  • PM 13:00

    【デスクワーク】資料と成果物ドラフトを作成

  • PM 15:00

    【ミーティング】クライアントと今後の方針について協議

  • PM 16:30

    【デスクワーク】ミーティング議事録を作成

  • PM 17:30

    【デスクワーク】資料と成果物ドラフトの修正・チームへの共有

  • PM 20:00

    【退社】自己研鑽に励んだり大学時代の友人と食事。あらかじめ上司に話しておけば定時退社も可