仕事内容

アドバイザー/コンサルタント職(Forensics)

Forensicsについて
Forensic & Integrity Services (Forensics)では、公認会計士、公認不正検査士、当局出身者、コンプライアンス専門家、リスクコンサルタント、eDiscovery専門家、サイバーセキュリティ専門家、データ分析専門家などの様々な専門家集団と、EYのネットワークを活かしたグローバルレベルの高品質な対応力で、以下のような有事・平時対応のサービスを提供します。

  1. 不正対応支援:不正リスク評価支援、モニタリング/改善対応支援
  2. コンプライアンスリスク対応支援:グローバルコンプライアンス態勢構築、贈収賄リスク対応支援、競争法リスク対応支援
  3. 不正調査、第三者委員会等調査支援
  4. デジタルフォレンジックやデータ分析をコアテクノロジーとして活用した、下記の業務
    ・サイバーインシデント(サイバー攻撃等)への対応支援業務、コンサルティング業務
    ・サイバーセキュリティやコンプライアンス、不正行為等のモニタリング支援業務
    ・訴訟や不正調査、会計監査に関連したIT支援業務
    ・米国民事訴訟及び政府系調査におけるeDiscovery対応支援業務

エンジニア職/プロジェクトマネジメント職

未来の監査「Smart Audit」実現に向けた、AI・RPA・ブロックチェーン・ドローンなど先端デジタル技術の応用による次世代の監査アプローチ・監査ツールの研究・開発・展開を行う。

  1. 公認会計士向けの自社サイトの構築、データサイエンティストと協業しながらのアプリケーション開発・要件定義、設計、テスト、リリース、運用、Webサーバの設計・構築等、最新のテクノロジーを利用したフロントエンド開発やバックエンド開発業務
  2. アプリケーション開発など関連するプロジェクトの各種サポート、プロセスマネジメント、ステータス管理等、プロジェクト全般のマネジメント業務

監査トレーニー職

監査トレーニー制度
「監査トレーニー制度」は、試験合格を目指しながら、ラーニングだけでなくさまざまな実務経験を通して、会計人として必要なものを身に付け、成長していくための制度です。
受験準備のための試験前休暇制度や予備校の学費補助金制度など、フレキシブルな制度を設け皆さんをしっかりとサポートしていきます。
仕事内容
監査業務全般:クライアント先や事務所内で、有資格者スタッフと同じ監査業務を行います。
業務例
●クライアントの作成した数値が実在性、網羅性、正確性などの一定基準に適合しているかの検証
●FACT(契約書や証憑など)の分析
●クライアント担当者へのヒアリング
●内部統制の検証 など
入社時研修にて、基本的な監査基本計画作成から監査報告書作成までの一連の流れについて、学んでいただいた後、OJTで先輩会計士のサポートをしながら、監査業務の実務経験を積んでいただきます。

CBS職(企画管理系事務職)

企画管理系事務職は、大きく2つに分けられます。一つは、管理部門にて組織全体の運営を管理する業務、もう一つは、クライアント業務に従事する監査職やアドバイザリー職をサポートするバックオフィス業務となります。

1管理部門での運営管理業務
法人全体(地区事務所も含めて)を管轄します。人材開発本部(人事部、育成部等)、財務管理本部(経理部等)、品質管理本部などがあり、組織全体の運営を支える本部業務に携わります。
2事業部でのサポート管理業務
各事業部(監査事業部、金融事業部など)にて、公認会計士やアドバイザリー職をサポートするバックオフィス業務に携わります。事業部での部門人事・研修・経理、業務品質管理・リスク管理、監査アシスタント、会計監査サポート業務等に携わります。
例えば監査事業部内の品質管理チームの場合、監査チーム(会計士)が会計監査の業務を行うに当たり必要な事務手続きの円滑なサポートとその適切性のチェックを行い、会計監査の信頼性を担保する役割を果たします。