HOME > EY People > メンバー紹介 > 佐藤 千奈美

EY People

監査

日々の積み重ねと周囲のサポートが
確実な成長を促してくれる。

2019年入社/第5事業部 スタッフ

佐藤 千奈美

Chinami Sato

2019年入社。監査トレーニーとして、主に不動産企業を監査するチームに配属される。複線型勤務制度を利用して業務と試験勉強を両立させ、長期試験休暇を経て論文式試験合格。その後スタッフとなり現在に至る。

忙しくても手を止めて教えてくれる先輩たち

大学卒業後、一度はあきらめた公認会計士への道でしたが、就職先の業務で出会ったEY新日本の方々の姿に接するうちにもう一度夢に挑戦したいと思うようになり、監査トレーニーとして入社しました。週に4日働きながら勉強を続け、試験前には休暇も取得できる制度は、私の夢をかなえるのにこれ以上ないものでした。正社員採用で、安定して働ける点も魅力でした。
配属されたのは不動産会社の監査チームです。尊敬できる先輩が多く、どんなに忙しいときでも私が質問すると仕事の手を止めて答えてくれるなど、その誠実さには心から感謝しています。試験に備えて長期休暇を取得する際は壮行会を、合格した後は祝賀会も開いていただきました。本当に暖かい職場だと感じています。

机上の知識と現実がリンクする面白さ

監査トレーニーとして仕事をしていたときは、参考書で学んだ知識が実際の監査手続きとリンクするなど、机上の知識を現実で適用する面白さを味わいました。そのため効率的に知識が身についたと感じています。
クライアントに説明するために必要な調査を先輩から任されたことがありましたが、たとえ試験合格前でも私のことを信頼し、任せてくださったことを嬉しく感じ、責任感をもって取り組むことができました。仕事を任せ、挑戦させて育てるというカルチャーは、EY新日本の魅力の一つです。

若手でもプロとしての自覚が求められる

入社前は、監査の仕事とは財務諸表の数字を淡々とチェックするというイメージでしたが、実際はクライアントとコミュニケーションを取ることが多いというのは想定外でした。その際は当然ながらクライアントのビジネスに精通していることが求められます。クライアントに積極的に関わりながらビジネスの知識を増やしていくことは、大きな面白みです。
試験合格後はスタッフとなりましたが、入社何年目だろうと、あるいは試験の合否がどうだろうと、クライアントは私たちのことを監査のプロとして見ています。その信頼に応えるためには、話す言葉の一つひとつに責任を持たなくてはなりません。大きなプレッシャーではありますが、そうした意識がさらなる成長を促してくれると感じています。

多様性を大切にする環境

大手監査法人で初めて女性がトップを務めるなど、EY新日本では女性の活躍する環境が整っています。ロールモデルとなる女性の先輩も多数おり、その背中を見ながら私も自分のキャリアビジョンを描いています。もちろん公認会計士として生涯働くつもりですし、海外のEYに赴任するなど、世界を舞台に活躍したいという夢も持っています。
女性の活躍だけでなく、多様性を積極的に受け入れる「ダイバーシティ&インクルーシブネス(D&I)」を強く推進している点でもEY新日本は先進的だと思います。特に 「ジェンダー(性差)」 「マルチカルチャー」 「障がい者」「LGBT+」の4つの領域が推進されており、これらに関連した情報は社内メールや掲示板で毎日のように目にします。多様性は変革のエネルギーですから、これからもEY新日本はイノベーティブな存在として社会に影響を与えていくと信じています。

Recruit Message

チームワークを大切にできる方

私自身、最初に受けた論文式試験は準備不足で手も足も出ず、その後のEY新日本の説明会では「参加する資格はあるのだろうか」という不安な気持ちでした。けれどそこで出会った先輩方には本当に親身になって相談に乗っていただき、今後のキャリアを描くきっかけを与えてくださいました。皆さんも心の中は不安だらけとは思いますが、ぜひ多くの先輩方にお話を聞き、自分の将来を考えるきっかけにしてください。よい結果が訪れることを心より願っています。
EY新日本には多様な人材がそろっていて、先輩のバックグラウンドもさまざまです。例えばバックパッカーとして数年間世界を旅してきたような先輩もいました。そんなさまざまな個性が混じり合い、互いに尊敬し合って、協調するのがEY新日本です。チームワークを大切にできる方と、ぜひ一緒に働きたいと思います。

One Day Schedule

  • 9:30
    始業
    往査先に到着、スケジュールとメールをチェック
  • 10:00
    ミーティング
    内部統制評価の担当プロセスについてクライアントにヒアリング
  • 12:00
    ランチ
    事務所出社時は、チーム全員で、周辺のお店でランチ
  • 15:00
    リモート会議
    監査方針や情報共有のためのチームミーティングに参加
  • 17:30
    終業
    日比谷で友人と食事。疲れた時はご褒美のスイーツをテイクアウト

Day Off

休日には甘いものを求めて出かけます。平日であっても、東京事務所の周囲には有名な洋菓子屋さんが多いので、楽しんでいます。

PrevNext