HOME > リクルートブログ(東京事務所) > スタッフ対談 試験直前期の過ごし方(3)

リクルートブログ(東京事務所)

2017.07.21
受験勉強・就活Tips

スタッフ対談 試験直前期の過ごし方(3)

スタッフ有志&ブログチーム

皆さん、こんにちは。EY新日本ブログチームです。

今回は、EY新日本の若手職員が試験直前期の過ごし方について座談会を開催した様子を4回に分けてご紹介していきたいと思います。第3回目は、体調管理&息抜き編です。

-メンバー紹介及び必須アイテムです!

スタッフ2年目 坂田典将さん!「ダンベル」(写真左)

スタッフ2年目 駒井瞳さん!「お風呂」(写真右から2番目)

スタッフ1年目 小田勇樹さん!「会計法規集」(写真右)

スタッフ1年目 滝鼻怜奈さん!「猫」(写真左から2番目)

-今回は体調管理と直前期の息抜きについて聞きたいと思います!

まず直前期の体調管理はどうしていましたか?

(坂田)夏でも体を冷やさないために上着はずっと着て勉強していました。

(駒井)私もロッカーにウインドブレーカーを入れていました!

(坂田)自習室内って寒いときが結構ありましたよね・・・。

(駒井)あとヨーグルトのR1を飲んでいました!

(滝鼻)私はヤクルト毎日飲んでいましたね、乳酸菌を取ろうと。これ飲んだら風邪ひかないはずと思って!

(駒井)あとは最低6時間寝るとか、睡眠時間は結構重要ですね。集中できなくなるし風邪ひくしいいことないです。

(滝鼻)あと私は肩凝りがひどかったので、肩を動かしていた方がいいかなと思います。

(自習室クーラー対策での上着、乳酸菌や睡眠時間などなど、皆さんそれぞれ独自の方法で体調に気を配っていたのですね!!)

-では次に直前期での息抜き方法を教えてください!!

(駒井)ちょうどお盆の時期と重なる時期あって、予備校は18時くらいに閉まっていたので、夜はいっそ休んでしまいました。

(小田)僕は軽く一杯飲んでいました!!

(坂田)ええ!飲んでいたのですか!!!

(小田)ここで詰めると本試験で張りつめた糸が切れてしまいそうだったので、今少し緩めてラスト1週間死ぬ気で頑張るという気持ちでいました!!

(滝鼻)私は直前期毎日12時間!というのは無理だったので、毎日一定時間勉強して一定時間息抜きをとるようにしていました。息抜きは、猫と散歩です!日光浴もいいと聞いたので、自然の力を取り入れるために1日1回は外にでようと思っていました。

(坂田)僕もだいたい同じで毎日同じリズムをくずさないようにずっと休みを取らなかったですね。昼ご飯や夜ご飯も食べる時間を決めていて、お昼休みの時間に息抜きとしてジュンク堂に行って欲しい本を眺めていましたね。受験生時代はお金もなかったので、特に買わずじまいだったのですが・・・。

(お盆休みの予備校が早く閉まるタイミングを利用した息抜きと毎日コンスタントに息抜きをそれぞれしていたということですね!!)

☆3回目IMG_0307_1.JPG












-友達とはどのように関わっていましたか??

(小田)僕は喫煙者なので、いわゆるタバコミュニケーションをやっていました。喫煙所で勉強の話をする人もいて休憩中に・・・(―_―)と思いつつ、僕もたまに勉強の話をしていました(笑)

(駒井)私は受験仲間とランチを一緒に和気藹々としていましたね。お昼後の眠くなるタイミングで間を1時間と決めて理論問題の出し合いっこしていました。

(坂田)僕は友達と相談したり質問受けたりしていました。質問される側ってその論点を本当に理解していないと答えることって難しいじゃないですか。それで知識の確認という意味でもその時間はためになりましたね。

(滝鼻)私は途中から専門学校を変えて基本的に一人でやっていましたが、専門学校の先生と親しくなってよく質問や相談をしに行っていました。個別に時間作ってくれたりしてくださったので、とてもありがたかったです。

(積極的にコミュニケーションをとって勉強につなげたり、それを見て頑張ったりする等、皆さんいろいろな関わり方があったのですね!! 何が正解というものではなく、どんな関わり方であれ、自分のペースを第一に考えるというポイントがありそうです。)

過去の対談記事もぜひ参考にしてみてください。

第1回 理論勉強編

第2回 計算勉強編

次回は、総まとめとして「皆さんへのメッセージ」をお届けします!! 乞うご期待!!!