HOME > リクルートブログ(東京事務所) > スタッフ対談 試験直前期の過ごし方(4)

リクルートブログ(東京事務所)

2017.08.10
受験勉強・就活Tips

スタッフ対談 試験直前期の過ごし方(4)

スタッフ有志&ブログチーム

皆さん、こんにちは。EY新日本ブログチームです。

今回は、EY新日本の若手職員が試験直前期の過ごし方について座談会を開催した様子を4回に分けてご紹介していきたいと思います。第4回目は、応援メッセージ編です

-メンバー紹介及び応援メッセージです!

スタッフ2年目 坂田典将さん!「難しい問題を楽しもう」(写真左)

スタッフ2年目 駒井瞳さん!「苦しいことを乗り越えてきたあなたは絶対受かる!!」(写真右から2番目)

スタッフ1年目 小田勇樹さん!「席に着いたら勝ち!」(写真右)

スタッフ1年目 滝鼻怜奈さん!「徳を積もう!!」(写真左から2番目)

-今回は合格してよかったことと応援メッセージをいただきたいと思います。

まず、会計士試験に合格してよかったことを教えてください!!

(滝鼻)私は就職して自立できたことがよかったです。職業欄で無職に○を付けることがつらかったので、就職先があるという喜びがありました。

(小田)年齢を言うと、今って就職の時期じゃないの??と言われるのもつらかったので、働くことができることが嬉しかったですね。

(駒井)わたしも合格したことそのものが良かったですね。修行僧みたいに朝早くから夜遅くまで頑張ったことが報われました。あんな苦しいのを乗り越えたのだから、難しい仕事がきても出来るという感覚でいることができます。合格の経験が自信になりました。

-最後に受験生へ応援メッセージをお願いします!!

(小田)どの受験生でも例外なくきつい時期だと思います。そんな皆さんに今更頑張れ!!とは言えません・・・。体調は崩さないでください!本試験の会場の席に着いたら勝ちです!

(滝鼻)確かに「席に着いたら勝ち」かもしれないですね、短答の時ですが、乗る電車を間違ってギリギリだった経験があるので・・・

(駒井)私はとても短く感じた3日間でしたが、今までこれだけ頑張ったのだから絶対受かるわと思って堂々としていきました。なので、実は本試験当日は手ぶらでいきました。

(坂田)え、何も持っていかなかったのですね!お昼の時間は何をしていましたか?

(駒井)お昼はゆっくりご飯を食べてのんびりしていました。直前に何か見て心惑わされるよりは何も見ずに自信持っていった方がいいかなと思っていたからです。あの難しい短答をくぐり抜け論文答練も何回も解いたのだから絶対受かる!!自信持って行ってください!!

(坂田)僕はここまで頭を悩ます問題は人生でここだけしかないと思っています。脚注とか本当に細かい部分についても勉強したはずなのに本試験で何を言っているかわからない問題が出た時はなんか楽しくなってきたなと思っていました(笑)。ここまで詰めることってこれから先ないと思うので、自信をもってよくわからない問題が出たときも焦らず感心してしまうくらいの気持ちで臨んでください!

(滝鼻)私は短答落ちたとき先生に「運が悪かったね」と言われてしまったので、やっぱり運も大事と思い、それからは徳を積んでいました。席を譲ったり親切にしたりして勉強ではどうにもならない運気を「徳を積んで」上昇するようにしていました。もちろん勉強は頑張りますよ!皆さんも苦手な問題がでないことを期待して・・・徳を積んで運気アップをしてみてはいかがでしょうか!

Resized_☆4回目IMG_0376.jpg

(応援メッセージありがとうございました。どんなに辛い状況でも「徳を積む」を忘れずにやっていれば神様が幸運を運んできそうですね!自信を持つといったこともやはり大事なようです。あとは試験当日席に着くこと。これらが出来たら合格の可能性がぐっと近くなりそうですね。)

受験生の皆さん、ここまで、4回に分けてお送りしてきました座談会「試験直前期の過ごし方」いかがでしたでしょうか??論文まで残り1か月となりましたが、その期間の過ごし方の参考になれば幸いです。皆さんの合格を心よりお祈りしています!

過去の対談記事もぜひ参考にしてみてください!!

第1回 理論勉強編

第2回 計算勉強編

第3回 体調管理&息抜き編