HOME > リクルートブログ(東京事務所) > EYフレリモ

リクルートブログ(東京事務所)

2021.02.05
番外編

EYフレリモ

EY新日本ブログチーム 藤井

皆様、こんにちは

いよいよ今月が論文式試験の合格発表ですね。

不安な人ワクワクする人色々いらっしゃるかと思います。

さて、今回は「EYフレリモ」についてご紹介します。

そもそもフレリモとは何ぞやということですが、「Flex & Remote」の略です!

略はわかったけどそれ何?美味しいの?」って感じかもしれません。

フレリモは「リモートワークの促進等を通じて働く場所・働く時間・ドレスコードに関わらず最高のパフォーマンスを発揮できる自律的な働き方をデザインする」という取り組みです。

何となーくイメージは出来たかもしれませんが、簡単に言うとリモートワークで働く場所の制限がなくなって、通勤や出社もないので働く時間にも縛られないような働き方をするということです。

フレリモについては何となく理解出来たような出来ないような」感覚かもしれませんが、ここで本題の「EYフレリモ」はどのようなものなのかを紹介していきます。

上記のフレリモのイメージだと、「従業者としては緩い感じでいいじゃん!」となるかもしれません。

EYが考えるフレリモは「クライアントサービスの質を向上させ、EY Japanとしての競争力を上げると同時に、EYメンバーの個人生活の充実と向上を実現させる」です。これが「EYフレリモ」です。

今は完全な「EYフレリモ」の実現までは至っていない過渡期ですが、そんな中で一つ試験的に取り組まれている移住プログラムについてご紹介いたします。

移住プログラム」とは、オフィスの場所に縛られることなく、個々人のライフスタイルにとって最適で、その結果として最も生産的に働ける場所で働くことを支援するものです。また、移住先でのそれぞれの実体験を通じて、EYとして地域における社会貢献をしていきます。

ここで、実際に「移住プログラム」に申し込み取り組んでいる人の感想を伺ったところ、プライベートの時間を確保できいいリフレッシュとなった結果仕事の生産性向上につながっていたり、近親者の近くに引っ越すことで家事・育児の負担が減ったりなどのメリットがあるようでした。一方で、クライアントの担当者やチームメンバーとの接点が減り疎遠になることへの不安があるなどまだまだ改善の余地はあるようです。

それでも移住者の感想を聞いて私も自然の多い地方に移住してみたいなと思いました!

日本全国各地でそれぞれ移住を開始(予定)しております(以下の地図の黄色で塗られた都道府県が移住先となります)。

次回の更新は、2/10)の予定です!

イベント情報やブログの更新を見逃さないためにMy Pageの登録がおすすめ!

また、ブログ以外にもTwitter / Facebook / Instagram / LINE各種SNS更新しています。こちらも是非チェックしてみてください