よくあるご質問

Q既卒者は応募できますか?
A応募可能です。なお、海外大学を卒業されている方へは、入社時期について柔軟に対応させて頂いております。
Qどのように応募すれば良いですか?
A募集要項ページから各サイトに登録をお願いいたします。
Q学部・学科の指定はありますか?
A全学部全学科から応募可能です。実際にさまざまなバックグラウンドを持つ職員が活躍しています。
Q外国籍留学生の応募は可能ですか?
A可能です。実際に、数多くの外国籍の職員が活躍しております。
ただし、日本語能力についてはビジネスレベル以上が望ましいです。
Q海外に留学していますが応募は可能ですか?
A可能です。当法人では、Skype面接によって選考を行うことが可能です。
最終面接時には一度面接へ来ていただく必要がありますが、海外にお住いの場合は、柔軟に対応致しますのでご相談ください。
Q女性の全体に占める割合は?
A現在は、全体の20%程度です。毎年増えている傾向にあります。
Q研修について
AEY新日本有限責任監査法人では、EYU(EY and you)というEY のグローバルに共通するフレームワークに則って、一貫したキャリア形成を支援しています。「Learning」「Experiences」「Coaching」という三つの要素を育成の柱に据えて、構成員一人一人の能力開発を積極的にサポートし、グローバルに活躍できる人財の育成に日々注力しています。

Learning
自身の経験、キャリアプランを基に、キャリアの先輩であるカウンセラーと相談しながら、豊富な研修プログラムから受講目的にあった研修を受講することが可能です。また、専門知識に限らず、人的スキルを磨く研修など一般のビジネススキルを磨く研修も受講できます。

Experiences
一人一人がExperiences Mapを作成し、それに基づいた業務経験を積んでいきます。LearningとExperiencesを適切に組み合わせることによって、知識、経験を体系的に身に付けることができます。

Coaching
キャリアの先輩である経験豊富なカウンセラーからのフィードバックや業務を直接指導するフィードバックプロバイダーからのアドバイスなど、多面的なフィードバックを日常的に行う体制を整えています。コーチング文化を根付かせることで、組織全体の自立的な成長を実現します。
Q希望の事業部への配属は可能ですか。
A【監査トレーニー職】
監査事業部での配属となります。

【アドバイザー/コンサルタント職(Forensics)】
Forensics事業部での配属になります。

【エンジニア職/PMO職】
品質管理本部アシュアランステテクノロジー部、またはDigital Audit推進部での配属となります。
Q結婚や出産をしても仕事は続けられますか。
A育児をする職員の仕事と家庭の両立を図り、長期的に働くことのできる職場環境を推進する「育児・介護のための複線型勤務制度」および「ベビーシッター利用料補助制度」を導入しており、実際に多くの方が利用しています。小学校卒業までの子を養育する職員または要介護状態にある家族を介護する職員は、「短時間勤務」・「所定時間のみの勤務」・「所定労働日数の低減」の勤務形態を選択することができます。
Q年次有給休暇はどのくらい使えますか。
A有給休暇は1年目に15日間支給され、以後年次ごとに加算されます。業務との関係ですべて希望通りにとはいきませんが、繁忙期以外なら比較的希望通りに消化できるように配慮いたします。
Q仕事に英語は必要ですか。
Aクライアントのグローバル化に伴い、英語は業務を行っていく上でますます必要になってきます。EY新日本有限責任監査法人では、英語力向上のため、TOEIC対策講座、ネイティブ講師による英語研修、ビジネス英語研修、電話会議対策研修、海外語学研修(4週間)など、ご本人の能力や都合に合わせ、さまざまな媒体(e-learning含む)による豊富な研修をご用意し、構成員の英語力向上をサポートしています。