出版物 / 刊行物 / 調査資料

経営者のための実践コーポレートガバナンス入門

経営者のための実践コーポレートガバナンス入門
  • 出版社
    東洋経済新報社
  • 価格(税抜き)
    1,600円
  • 発行年月
    2017.04

概要

コーポレートガバナンスの強化が日本の「稼ぐ力」を高める!

アベノミクス成長戦略の「目玉」であるコーポレートガバナンス改革は現在、構築ステージから実践ステージに移行しつつある。2013年の日本再興戦略は「社外取締役の活用」、14年の同改訂版は「グローバル水準のROE」を通じて、資本市場の論理を企業経営に反映することを求めた。そして15年の再改訂版は「攻めの経営」というキーワードを用いて、経営者から積極果敢な経営判断が導出されることを期待している。本書では、海外のベストプラクティス事例の紹介や適切なROE経営に関する解説、さらにはエーザイ株式会社・柳良平常務執行役CFOとの対談を通じてコーポレートガバンスの本質に迫り、企業経営者が「攻めの経営」を実現する道筋について解説する。

目次

序章 なぜ「コーポレートガバナンス」なのか?
第1章 コーポレートガバナンスと日本企業の現状
第2章 欧米企業のベスト・プラクティスと日本企業への示唆
第3章 「稼ぐ力」を取り戻すための適切なROE経営
第4章 日本型コーポレートガバナンスに向けて
第5章 対談―エーザイ株式会社・柳良平常務執行役CFO
第6章 (補論)コーポレートガバナンスによるデフレからの脱却

執筆等

深澤寛晴(EY総合研究所株式会社)

備考

ご希望の方は書店にてお求めいただくか、出版社へ直接お問い合わせください。