出版物 / 刊行物 / 調査資料

プレミアムフライデーの経済効果

2017.02.21
※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。

シリーズ:経営者のための経済・市場環境定点観測 vol.9 2017年のリスクシナリオ2017年2月からプレミアムフライデーが始まる。帰宅時間が早まることで、外食や旅行、ファッションなどの消費の拡大が期待されており、企業は新たなビジネスチャンスを獲得するために、新商品・サービスなどを展開しつつある。また、こうした消費力をさらに高めるためには、プレミアムフライデー当日の帰宅時間を早めることのみではなく、働き方の見直しを行い、業務効率の改善によって生産を高めることで、所得増加につなげていく日々の取り組みが重要になる。