出版物 / 刊行物 / 調査資料

シリーズ:個人消費の論点⑥ 
~2015年の国民所得は回復へ

2015.03.24
※ EY総合研究所は2017年6月30日をもって解散いたしました。 下記の掲載内容は公開時の情報となります。

シリーズ:個人消費の論点⑥ ~2015年の国民所得は回復へ 個人消費を見通す上で、日本経済全体の所得を考えることが重要になっている。購買力の源泉である所得は、ここ数年、輸出入の相対物価の動きや、海外所得の還流などからの影響を強く受けてきたからだ。15年には、日本経済全体の購買力が回復して、次第に個人消費が回復する姿がみえるようになるだろう。