セミナー

「収益認識に関する会計基準」等のポイントと実務対応の解説
~ついに公表された日本版の収益認識基準。会計基準の内容だけでなく、新会計基準導入の実務についてもいち早くご説明いたします~

※定員となりましたので、お申込みの受付を終了いたしました。

平成29年7月20日に公開草案が公表されて以来、非常にスピーディに最終化 への検討が進み、平成30年3月30日に収益認識に関する会計基準及びその 適用指針(以下、「新基準」)が公表されました。

この新基準は、「収益」という、企業にとって最も重要なトップラインに影響しうる 極めて重要な会計基準のため、公開草案の公表時にもセミナーを開催しました が、当時から非常に企業の関心が高く、セミナーの反響も大きかったことから、 正式な基準となった今般、新基準の内容を分かりやすく解説するセミナーをあら ためて開催いたします。

また、この新基準はIFRS第15号を参照して開発されているため、IFRSを任意 適用している企業の導入実例を参考にしながら、導入実務に使える期間はどれ くらいあるのか、どのように導入実務を進めていけばいいのか、ITシステムや商 慣行等への影響はどうなるのか等、実際の導入へ向けての実務上のアプロー チの要点についても解説いたします。

今回のセミナーとは別に、業種別の論点に、より一層フォーカスした小規模形式 のセミナー(業種ごとに全5回開催を予定しています)も企画しておりますので、 そちらへの参加もあわせてご検討いただけますと幸いです。

概要

開催日時 2018年6月12日(火) 14:00~16:30 (受付開始 13:30)
場所 JRゲートタワー カンファレンス
愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番3号 JRゲートタワー16階
Tel: 052 566 1700
対象 新基準導入に携わる経理・財務部門のご担当者及び責任者様、経営企画部門、子会社管理部門、IT部門のご担当者及び責任者様
参加費
(税抜き)
無料
定員 80名

※お申し込みは、1社につき2名までとさせていただきます。
※同業他社、コンサルティングファームなどの方のお申し込みはご遠慮下さい。
※御名刺、受講証(受講証は自動返信メールでお送りしております)をご持参下さい。

プログラム

本セミナーでは、主に以下の事項について解説します。

  • 収益認識の基本となる原則(5ステップ)
  • 返品権付の販売等、特定の状況又は取引における取扱い
  • 出荷基準の取扱い等、重要性等に関する代替的な取扱い
  • 有償支給取引や消費税等、我が国に特有な取引等についての取扱い等
  • 新基準導入実務のアプローチ
  • ITシステムや商慣行へ及ぼす影響
  • 適用時期及び適用初年度の取扱い等

※講演の最後に質疑応答の時間を予定しております。
※内容は、都合により変更する場合があります。あらかじめご了承下さい。

お申し込み方法

以下の「お申し込みフォーム」ボタンから必要事項をご記入の上、お申し込みください。

お問い合わせ

新日本有限責任監査法人 名古屋事務所
担当:高島
Email:Nagoya-Seminar@jp.ey.com
Tel:052 566 1700 Fax:052 566 1706