セミナー

緊急開催 IBOR廃止と新指標金利への移行
~海外金融機関の最新動向と実務対応~

2018年7月、各国の規制当局と業界団体は連携し、銀行間調達金利(IBOR)を巡る差し迫った状況を認識したうえで、IBOR参照商品を段階的に廃止し、新指標金利(ARR)へ移行する取組みを急ぐよう、金融機関の積極的な活動を促しました。

そこでこの度、海外からさまざまな分野の専門家を招聘し、IBORの廃止と新指標金利への移行に向けた海外金融機関の最新動向を含む、実務対応について解説する場を設けさせていただきました。

  今回のセミナーでは、各国規制当局の直近の動向や、ISDAをはじめとする業界団体における活動について、詳しく解説させていただきます。さらに、グローバルに培ってきた豊富な実務経験に基づき、金融機関においていかなる分野でどのような影響が想定されるのか、また、海外金融機関における影響度調査や移行プロジェクトの実際についてもご紹介させていただきますので、どうぞ奮ってご参加ください。

 なお、本セミナーの主要部分は英語にて実施(同時通訳付き)させていただきます。また、内容は都合により変更させていただく場合もございますので、あらかじめご了承ください。

【主催・協賛】
EY Japan・Herbert Smith Freehills

概要

開催日時 2018年9月21日 (金)13:00~15:00(受付開始 12:30)
場所 日比谷三井カンファレンス セミナールーム6
東京都千代田区有楽町1-1-2 東京ミッドタウン日比谷 三井ビル9階 日比谷三井カンファレンス
Tel:03 5157 1201
対象 IBORの廃止及び新指標金利への移行に向けた準備を検討している金融機関等のご担当者様
参加費
(税抜き)
無料
定員 40名

※筆記用具、受講証
※当日はお申込み後にお送りする「受講証」を印刷の上、受付までお持ちください。
※同業他社、コンサルティングファームなどの方のお申込みはご遠慮ください。

プログラム

  1. 指標金利改革にかかるグローバルな動向及びIBORの将来に対する各国規制当局の思惑
  2. IBOR参照契約のフォールバック条項に関する最新のISDAガイダンスとは?
  3. 金融機関の各プロセスに対する影響
    • 法務、リスク管理、財務経理、事務、システム、税務等への影響
  4. 海外金融機関におけるIBOR移行プロジェクトへの取り組み事例の紹介

【講師紹介】

  • ハンナ・キャシディー
    パートナー ハーバート・スミス・フリーヒルズ法律事務所
  • 森田 智子
    ISDA 東京事務所所長 シニアディレクター
  • ロイ・チャウドリー
    パートナー EY ニューヨーク EYグローバルIBOR リーダー
  • シャンカー・ムハージー
    パートナー EY ロンドン
  • 緒方兼太郎
    シニアマネージャー EYアドバイザリー・アンド・コンサルティング株式会社

※プログラムは都合により変更となる場合がございます。予めご了承ください。

お申し込み方法

以下の「お申し込みフォーム」ボタンから必要事項をご記入の上、お申し込みください。
2名様お申し込みの場合でも、お一人ずつお申し込みください。

お問い合わせ

EY新日本有限責任監査法人 金融事業部 宮本
Email:izumi.miyamoto@jp.ey.com