セミナー

EU一般データ保護規則(GDPR)の概要と企業の対応策

EUにおける新しい個人情報保護の枠組みである、一般データ保護規則(General Data Protection Regulation、以下「GDPR」)が2018年5月25日から施行されました。同規制は、日本企業であっても、EU所在者の個人データを取扱う場合は影響があり、また、日本法と比較して規制が強化されていること、違反時の高額な制裁金などから、注目が集まっています。

本セミナーでは、GDPRの全体像を2017年5月施行の日本の個人情報保護法と比較しながらわかりやすく解説するとともに、企業が取り組むべき個人情報保護の実務上の課題と論点を整理し、その対応事例をご紹介します。

概要

開催日時 2018年9月18日(火) 15:30~17:00 (開場 15:00)
場所 EY新日本有限責任監査法人 名古屋事務所
愛知県名古屋市中村区名駅一丁目1番3号 JRゲートタワー42階
対象 コンプライアンス部門、法務部門、総務部門、国際事業部門、経理・財務部門のご担当者様及び責任者様、経営企画部門、子会社管理部門、IT部門のご担当者及び責任者様
参加費
(税抜き)
無料(テキスト代含む)
定員 16名

※お申し込みは、1社につき2名までとさせていただきます。
※同業他社、コンサルティングファームなどの方のお申し込みはご遠慮ください。

プログラム

本セミナーでは、主に下記の事項についてご説明いたします。

  • 0. はじめに
    • 個人情報保護の基本
  • 1. GDPRの概要
    • GDPR設立の背景
    • GDPRの特徴と主な用語説明
    • 日本の改正法を類似点、相違点 等
  • 2. GDPR対応の実務
    • GDPR対応手順とポイント
    • 優先的に取り組むべき主要な規制 等

※講演の最後に質疑応答の時間を予定しております

※内容は、都合により変更する場合があります。あらかじめご了承下さい。

お申し込み方法

以下の「お申し込みフォーム」ボタンから必要事項をご記入の上、お申し込みください。

お問い合わせ

EY新日本有限責任監査法人 名古屋事務所
担当:高島
E-mail:Nagoya-Seminar@jp.ey.com
Tel: 052 566 1700