セミナー

1からはじめる会計実務セミナー
~キャッシュ・フロー計算書の読み方と作成~

会社のお金の流れの状態を見るには、どのような方法を取れば良いでしょうか?
損益計算書からだけでは、実際のお金の動きによる収支はわかりません。 キャッシュ・フロー計算書は企業の業績を調べるうえで重要な貸借対照表、損益計算書と並ぶ財務3表の一つといわれ、「企業の家計簿」としての性格を有す、重要な財務諸表です。 近年では、損益計算書上の利益を追求するだけでなく、どれだけのキャッシュ(現金資金)を稼ぎ出せるかということを重視して経営する「キャッシュ・フロー経営」の重要性が高まっています。 しかし一方で、キャッシュ・フロー計算書の重要性は理解しているものの、読み方が分からなかったり、その作成業務は経理初心者にとって難解な点も多いのではないでしょうか。 今回のセミナーでは、初めてキャッシュ・フロー計算書を学ばれる方を対象に、キャッシュ・フロー計算書の読み方と作成実務を中心に解説します。

概要

開催日時 2017年12月15日(金) 14:00~16:00(受付開始 13:30)
場所 JRゲートタワー カンファレンス
名古屋市中村区名駅一丁目1番3号 JRゲートタワー 16階
052 566 1700
対象 経理部門に携わるご担当者様
経営企画部門に携わるご担当者様
(初心者推奨)
参加費
(税抜き)
無料
定員 60名

※お申し込みは、1社につき2名までとさせていただきます。
※同業他社、コンサルティングファームの方のお申し込みはご遠慮下さい。
※ご持参いただくもの:筆記用具・御名刺・受講証
 (受講証は自動返信メールでお送りしております)

プログラム

本セミナーでは、主に下記の事項について取り扱います

  • キャッシュ・フロー計算書とは
    • キャッシュ・フロー計算書の仕組み
    • 資金の範囲
    • 営業活動・投資活動・財務活動の意味
  • キャッシュ・フロー計算書の読み方
  • キャッシュ・フロー計算書の作成実務とポイント
  • キャッシュ・フロー計算書の分析     など

※セミナーの最後に質疑応答の時間を予定しております。

※内容は、都合により変更する場合があります。あらかじめご了承下さい。

お申し込み方法

以下の「お申し込みフォーム」ボタンから必要事項をご記入の上、お申し込みください。

お問い合わせ

新日本有限責任監査法人 名古屋事務所
担当:高島
E-mail:Nagoya-Seminar@shinnihon.or.jp
Tel:052 566 1700 Fax:052 566 1706