HOME > リクルートブログ(東京事務所) > デジタルで繋がる世界のEYオフィス

リクルートブログ(東京事務所)

2019.09.02
Digital Audit、グローバル

デジタルで繋がる世界のEYオフィス

Digital Auditチーム

みなさん、こんにちは!Digital Auditチームです!

今年のサマカンにおけるDigital Auditブースのテーマは、

「プロフェッショナル×デジタル×EY=∞」です。

データ分析やAIの導入によってEYの監査手法はどう変化し、我々会計士は何を求められるようになるのか?皆さんの疑問にEYが答えます!

ぜひブースに足を運んで頂き、"未来の監査"を想像してみてください!

さて、今回はセッションに先立ちまして、世界各国のEYがデジタルでどのようにつながっているか、少しご紹介したいと思います。

まずは、日本からも近い香港をご紹介!

写真①.jpg

EY香港では、日本からも多くの駐在員が在籍しており、Digital化も進んでいるようです。

  • クライアントとの資料受け渡しは、Client Portalというツールを利用しています。メールに資料を添付する必要がないため、情報セキュリティ向上にも繋がり、入手した資料をEYで使用している監査プラットフォームのCanvas に格納する手間が省けるので便利なツールです。
  • 海外のEYチームや同僚とSkypeで会話する機会が多く、会ったことのない海外メンバーとSkype電話することも日常茶飯事です。

いかかでしょうか。近年、EY JAPANでは監査現場においてデジタル化が益々進んでいますが、EY香港でも新しいデジタルツールを積極的に取り入れているようです!

続きまして、太陽と情熱の国、メキシコです!

写真②.jpg

EYメキシコ駐在員の方に、現地オフィスのデジタル事情について伺ってきましたのでご紹介致します!

  • EYメキシコでは、Skypeのメッセンジャーをよく使って、複数の人と同時にコミュニケーションを取っています。メール以上にSkypeを使っていて、新しいテクノロジーを使うことに躊躇しない文化があります。
  • Skype以外にも、携帯のアプリ(What's app)を使って、コミュニケーションをとっています。クライアントの方ともWhat's appでつながり、簡単な資料のやり取りをすることもあります。
  • Skypeと電話会議システム(EY Global Meet)が連携されていて、電話とSkypeで通話ができます。Skype会議にクライアントの方をご招待し、会議を行うことができます。

EYメキシコでも、EY香港と同様に、Digitalツールやskypeを日常的に有効活用されているようですね!

我々EY JapanのDigital事情も、サマカンのDigital Auditブースにてご紹介する予定ですので、ぜひDigital Auditセッションにお越しください!

なお、Twitter / Facebook / Instagramといった各種SNSもこまめに更新しているので、こちらもチェックしてみてくださいね。

イベント情報やブログの更新を見逃さないためにも、マイページ登録がおすすめ!詳細はコチラ