企業会計ナビ

繰延税金資産の長短区分

2015.12.14

Question

土地の評価に係る損失について繰延税金資産を計上する場合、流動資産と固定資産のどちらで計上するべきでしょうか。

Answer

繰延税金資産および繰延税金負債は、これらに関連した資産・負債の分類に基づいて、繰延税金資産については流動資産または投資その他の資産として、繰延税金負債については流動負債または固定負債として表示しなければならないこととされます。ただし、特定の資産・負債に関連しない繰越欠損金等に係る繰延税金資産については、翌期に解消される見込みの一時差異等に係るものは流動資産として、それ以外の一時差異等に係るものは投資その他の資産として表示しなければならないこととされます。
ご質問の土地の評価に係る損失について計上された繰延税金資産ですが、土地が固定資産に計上されている場合には、当該土地の分類に基づいて投資その他の資産に計上されます。また、不動産業などで、土地が販売用不動産や未成工事支出金として流動資産(棚卸資産)に計上されている場合には、当該分類に基づいて流動資産に計上されます。
なお、税務上の繰越欠損金や繰越外国税額控除に係る繰延税金資産など、特定の資産又は負債に関連しない繰延税金資産及び負債については、将来税効果が実現する時期が1年以内か否か(ワンイヤールール)によって分類することになります。


根拠条文

  • 税効果会計に係る会計基準 第三 1.
  • 個別財務諸表における税効果に関する実務指針第45項


情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?