企業会計ナビ

退職給付に係る資産と退職給付に係る負債の相殺表示

2017.07.19

Question

会社の退職給付制度は確定給付型企業年金制度と一時金制度との2つから構成されており、それぞれ退職給付債務を計算したところ、年金制度については退職給付に係る資産(個別上は前払年金費用)、一時金制度は退職給付に係る負債(個別上は退職給付引当金)がそれぞれ計上されることになりました。
このような場合に、貸借対照表上の表示をどのようにすべきかご教示ください。

Answer

複数の退職給付制度を採用していることにより生じた退職給付に係る資産(個別上は前払年金費用)と退職給付に係る負債(個別上は退職給付引当金)を貸借対照表上相殺表示できるかどうかについては、明確な定めはありません。

ただし、以下の①と②等を勘案すると、両者は相殺せず、両建てで表示すべきものと考えます。

  • 退職給付に係る資産(個別上は前払年金費用)と退職給付に係る負債(個別上は退職給付引当金)は、計算上相殺できないこと
  • 年金制度の場合には、外部に実際に拠出されたものである(=資金確保済み)のに対し、一時金制度は内部での引当(=資金を確保したというよりは、計算上の認識)であること



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?