企業会計ナビ
会計実務Q&A

関連当事者

  • 無償取引及び低廉な価格での取引の重要性の判断
    関連会社に無利子での貸付を行いました。貸付金額は総資産の1%を超過しないため、重要性がないと判定し、関連当事者との取引としての開示は不要でしょうか。 (2010.12.24)
  • 会社計算規則における関連当事者の注記
    会社計算規則と関連当事者の開示に関する会計基準では、下記事項において定めが異なりますが、会社計算規則においてはどのように取り扱うべきでしょうか。 (1) 貸倒懸念債権又は破産更生債権等に関わる情報  (2) 関連当事者の存在に関する開示 (2010.12.24)
  • 貸倒引当金繰入額の重要性の判断
    関連会社への貸付金について貸倒引当金を計上し、臨時的な損失であったため当該貸倒引当金繰入額を特別損失で計上しました。この場合の重要性の考え方、及び開示対象となる内容は、どうなるのでしょうか。 (2010.12.03)
  • 複数の連結会社と特定の関連当事者との取引
    複数の連結会社と特定の関連当事者との同種、同一条件の取引がある場合は、対象取引の重要性はどのように判断するのでしょうか。 (2010.12.03)