企業会計ナビ

債務超過の持分法適用関連会社に係る会計処理

2010.03.03

Question

持分法を適用している関連会社が債務超過となった場合、連結上どのように会計処理するのでしょうか。

Answer

持分法を適用している関連会社が債務超過となった場合、当該関連会社の欠損金を負担する責任が投資額の範囲に限られているケースでは、投資価額がゼロになるところまで負担します。

ただし、他の株主との間で損失分担契約がある場合、持分法適用会社に対して貸付金等がある場合、または契約上・事実上の債務保証がある場合などには、投資会社が負担する債務超過額に対する損失を計上することになります。この場合、連結貸借対照表上、投資有価証券勘定をゼロにした後は貸付金等を減額し、さらにそれを超える場合には、当該超過分を「持分法適用に伴う負債」等、適当な科目をもって負債計上することとなります。

根拠条文

  • 持分法会計に関する実務指針 第20項、第21項


情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?