企業会計ナビ

みなし取得日の定めを適用して在外子会社を連結する場合の換算方法

2018.04.09

Question

P社は、X1年2月末に外国会社(S社)の株式のすべてを$265(¥26,500)で取得しました(取得日レートは1$=¥100)。P社の決算日は3月末、S社の決算日は12月末です。

X0年12月末の為替レートは1$=¥90、X1年3月末の為替レートは1$=¥105、X1年1月1日からX1年3月末までの平均為替レートは1$=¥95です。

P社はX0年12月末をみなし取得日としてS社を第4四半期から連結の範囲に含めますが、S社の決算日を基礎として連結するため、X1年3月期ではB/Sのみ連結を行います。

S社を連結に含める場合の資産・負債・資本の換算レートは何を使用することになるのでしょうか。

Answer

外国子会社を買収して子会社化し、連結する場合の資本と投資の消去は外貨ベースで行い、差額ののれんも外貨ベースで算定し、償却を行います。外貨ベースののれんの未償却残高を在外子会社の決算日の為替レートで円貨に換算し、外貨ベースののれん償却額は、在外子会社の費用の換算レートで円貨に換算します。

外貨ベースでの投資と資本の消去の仕訳を円貨に換算する方法として、以下の方法1が、「外貨建取引等会計処理基準」三2.に従った換算方法であると考えられますが、方法2、方法3によっても、のれんの算定、償却は外貨ベースで行われ、のれん未償却残高は子会社の決算日のレートで換算して連結貸借対照表に計上することになりますので、方法1と同じ結果になると考えられます。

  資産、負債 資本 のれん当初認識額 子会社株式
方法1 みなし取得日レート 取得日レート 取得日レート※1 取得日レート
方法2 みなし取得日レート みなし取得日レート みなし取得日レート 取得日レート
方法3 みなし取得日レート みなし取得日レート みなし取得日レート みなし取得日レート※2
※1:円貨ベースののれん当初認識額のうち、取得日レートから期末日(みなし取得日)レートへの変動部分について為替換算調整勘定となります。
※2:連結仕訳において、子会社株式の簿価を、取得日レートからみなし取得日レートへの変動部分について為替換算調整勘定とし、修正します。

参照条文等

  • 企業結合会計基準及び事業分離等会計基準に関する適用指針 第77-2項


情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?