企業会計ナビ

重要性の増加により当期から連結の範囲に子会社を含める場合

2011.05.20

Question

重要性の観点から従来連結の範囲に含めていなかった子会社を、当期より連結の範囲に含めることとした場合、子会社の取得後に発生した利益剰余金は当期の包括利益に含まれますか。

Answer

子会社が連結子会社及び関連会社のいずれにも該当しなくなった場合における利益剰余金減少高(又は増加高)は、当期の包括利益に含めない取扱いが考えられるとされていますが、新規連結のケースについての定めはありません。しかし、前期以前に帰属する純資産の変動額を当期の利益剰余金増加高(又は増加高)として表示しているにすぎない点は連結除外の場合と新規連結の場合で異ならないことから、取扱いを変えるべきではないと考えられます。

よって、子会社の取得後に発生した利益剰余金は、当期の包括利益には含まれないと考えられます。


根拠条文

  • 包括利益の表示に関する会計基準第26項


情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?