企業会計ナビ

包括利益の考え方

2011.07.08
(更新日:2017.07.19)

Question

包括利益とはどのようなものですか。

Answer

「包括利益」とは、ある企業の特定期間の財務諸表において認識された純資産の変動額のうち、当該企業の純資産に対する持分所有者との直接的な取引によらない部分をいいます(「包括利益の表示に関する会計基準」第4項)。

純資産の変動額
=株主等との取引による変動額(配当、増資等)+当期純損益+非支配株主に帰属する当期純損益+その他の包括利益

そして、「包括利益」は次のように、持分所有者との直接的な取引(株主等との取引による変動額)を除いた算式で表されます。

包括利益=当期純損益+非支配株主に帰属する当期純損益+その他の包括利益

なお、その他の包括利益の内訳項目の例として、その他有価証券評価差額金、繰延ヘッジ損益、為替換算調整勘定、退職給付に係る調整額、および持分法適用会社に対する持分相当額(持分法を適用する被投資会社のその他の包括利益に対する投資会社の持分相当額を一括して区分表示したもの)があります。

根拠条文

  • 包括利益の表示に関する会計基準 第4項


情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?