企業会計ナビ
税金・税効果

将来加算一時差異

(しょうらいかさんいちじさい)

将来加算一時差異とは、財務諸表上の一時差異(連結貸借対照表や個別貸借対照表に計上されている資産及び負債の金額と課税所得計算上の資産及び負債の金額との差額)のうち、当該一時差異が解消する時にその期の課税所得を増額する効果をもつものをいいます。例えば、圧縮積立金、特別償却準備金など利益処分により計上された租税特別措置法上の準備金、資産または負債の評価替えにより生じた評価差益、連結会社相互間の債権と債務の消去により貸倒引当金を減額した場合等に発生します。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?