企業会計ナビ
税金・税効果

未払法人税等

(みばらいほうじんぜいとう)

未払法人税等とは、納付すべき法人税、住民税および事業税の未払額をいいます。確定決算を行うと同時に要納税額が合理的に見積もることが可能となるため、その見積額は、法人税等を相手勘定にして、未払法人税等という科目で負債に計上されます。法人税等は、この処理に加えて税効果会計に関する調整を行う必要があります。
一方、繰延税金負債は、納付すべき法人税等の未払額ではなく、一時差異等の期間配分により発生したものですので、両者は表示上、明確に区分する必要があります。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?