企業会計ナビ
税金・税効果

繰延税金負債

(くりのべぜいきんふさい)

繰延税金負債とは、税効果会計において、一時差異に係る調整額を貸借対照表の資産または負債に計上しますが、その際、未払税金に相当する「当期の利益に対応すべき税額で将来支払うもの」をいいます。
個別財務諸表において、貸借対照表に計上する場合には、流動・固定区分ごとに繰延税金資産とネット処理を行います。そのため、ネット後の残高が貸方にある場合、「繰延税金負債」の項目で「流動負債」または「固定負債」に計上されることになります。
一方、連結財務諸表においては、異なる納税主体に係る繰延税金資産、繰延税金負債をネットすることは認められていません。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?