企業会計ナビ
無形資産・ソフトウェア

製品マスター

(せいひんますたー)

会計上の製品マスターとは、それ自体を販売の対象物とするのではなく、機械装置等と同様にそれを利用(複写)することによって、製品を作成するためのデータをいいます。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?