企業会計ナビ
退職給付会計

定率法

(ていりつほう)

定率法とは、過去勤務債務および数理計算上の差異の費用処理方法のうち、未認識過去勤務債務残高および未認識数理計算上の差異残高の一定割合を費用処理する方法をいいます。定率法の場合には、過去勤務債務または数理計算上の差異を発生年度ごとに管理せず、各々の残高に一定年数に基づく定率を乗じた金額が当年度の費用処理額となりますが、一定年数に基づく定率は、過去勤務債務および数理計算上の差異の費用処理期間内で、当該発生額のおおむね90%が費用処理されるように決定します。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?