企業会計ナビ
退職給付会計

縦割型

(たてわりがた)

縦割型とは、退職一時金制度を採用している会社が、一部を企業年金制度へ移行する場合に、一定の年齢または勤続年数までに退職した場合は全額を退職一時金制度から給付し、それを超えて退職した場合は全額を企業年金制度から給付するような移行形態をいいます。また、定年前の退職者は全額を退職一時金制度から給付し、定年退職者は全額を企業年金制度から給付するような形態も縦割型に含まれます。縦軸に退職給付の額、横軸に年齢をとって図を書いたときに、移行部分と未移行部分とが縦に分かれるので、縦割型と呼ばれます。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?