企業会計ナビ
退職給付会計

退職給付信託

(たいしょくきゅうふしんたく)

退職給付信託とは、退職一時金制度および退職年金制度における退職給付債務の積立不足額を積み立て、将来の退職給付にあてるために設定した信託をいいます。退職給付信託が、会社から分離され、退職給付にのみあてられることが確保されるような一定の要件を満たしている場合には、年金資産に該当するものとみなして会計処理を行います。退職給付会計の導入時には、会計基準変更時差異を縮小させるために、退職給付信託を設定した会社が多くありました。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?