企業会計ナビ
退職給付会計

数理債務

(すうりさいむ)

数理債務とは、年金の財政計算において、年金制度における将来の給付額の現在価値から、将来の標準掛金(第一掛金)による収入の現在価値を控除した金額をいい、責任準備金とは異なります。数理債務の計算方法は、退職給付債務の計算方法とは異なるため、両者は一致しませんが、簡便法を用いる場合には、この金額を退職給付債務とすることができます。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?