企業会計ナビ
退職給付会計

支給倍率基準

(しきゅうばいりつきじゅん)

支給倍率基準とは、退職給付見込額のうち、期末までに発生していると認められる額を見積もる方法の中で、退職給付見込額のうち、全勤務期間における支給倍率に対する各期の支給倍率の増加額の割合に基づいた額を各期の発生額とする方法をいいます。一般的に、支給倍率を基準とする方法を用いることは適当ではありませんが、支給倍率の増加が各期の労働の対価を合理的に反映していると認められる場合には、この方法を用いることができます。 



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?