企業会計ナビ
退職給付会計

未認識過去勤務債務

(みにんしきかこきんむさいむ)

未認識過去勤務債務とは、過去勤務債務のうち費用処理(又は費用の減額処理)されていないものをいいます。未認識過去勤務費用とは、過去勤務費用のうち、当期純利益を構成する項目として費用処理されていないものをいう。

平成24年改正基準の適用により、連結財務諸表上、未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用について、税効果を調整の上、貸借対照表に「退職給付に係る調整累計額」(その他の包括利益累計額)として純資産の部で認識します。

ただし、数理計算上の差異等の当期発生額のうち、費用処理されない部分については包括利益計算書において、「退職給付に係る調整額(その他の包括利益)」として計上されることとなります。また、その他の包括利益累計額に計上されている未認識数理計算上の差異及び未認識過去勤務費用のうち、当期に費用処理された部分については包括利益計算書において、その他の包括利益の調整(組替調整)を行います。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?