企業会計ナビ
退職給付会計

勤務費用

(きんむひよう)

勤務費用とは、一期間の労働の対価として発生したと認められる退職給付のことをいい、割引計算によって計算されます。退職給付は、退職時または支給時に一時に発生するわけではなく、勤務期間を通じた労働の提供に伴って発生するものととらえられますので、その発生した各期間に費用を配分して、毎期費用として認識することが必要となります。こうして計算された、各期への費用の配分額が、勤務費用ということになります。その計算方法としては、将来の退職給付見込額のうち、当期に発生したと認められる額を一定の割引率と残存勤務期間に基づき割り引いて計算します。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?