企業会計ナビ
退職給付会計

確定給付型年金

(かくていきゅうふがたねんきん)

確定給付型年金とは,給付(将来受け取る年金額)が確定している年金を意味します。確定している給付額を確保するためには,年金資産の過不足額は掛金の金額で調整されますので,株価の下落などにより掛金の運用が失敗した場合には,将来の掛金を増額しなければならなくなります。現在の日本の年金制度の多くが確定給付型年金になっています。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?