企業会計ナビ
退職給付会計

確定拠出型年金

(かくていきょしゅつがたねんきん)

確定拠出型年金とは、拠出(掛金)が確定している年金を意味します。将来受け取ることができる年金の額は、掛金の運用益が多ければ増加しますが、株価の下落などにより運用が失敗すれば年金額も減少します。掛金の金額が変動しませんので、会社にとっては、確定給付型年金のように追加負担が生じるリスクがないというメリットがありますが、逆に、年金を受け取る人にとっては、年金の額が変動するリスクがあるため、老後の生活資金に充てるという目的からは、不安が残るというデメリットもあります。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?