企業会計ナビ
退職給付会計

過去勤務債務

(かこきんむさいむ)

過去勤務債務とは、退職給付水準の改訂等に起因して発生した退職給付債務の増加または減少部分をいいます。これは、退職金規程等の改訂に伴い、退職給付水準が変更された結果生じる、改訂前の退職給付債務と改訂後の退職給付債務の改訂時点における差額を意味します。なお、「退職給付水準の改訂等」の中には、会社が初めて退職給付制度を導入したような場合で、給付の計算対象が現存する従業員の過年度の勤務期間にも及ぶようなときも含まれます。

なお、平成24年改正基準の適用により、連結財務諸表上の表示科目は過去勤務費用という名称となりました。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?