企業会計ナビ
退職給付会計

評価基準日

(ひょうかきじゅんび)

退職給付債務は、人事データや基礎率などの各種データに基づいて計算されますが、退職給付債務の金額は、退職者の発生や新規採用といった人員の異動により、金額が常に変動します。また、昇給があったり、基礎率を見直したような場合にも、退職給付債務の金額は変動することになります。そのため、退職給付債務を計算するにあたっては、ある一定の時点を基準日として定めて計算する必要がありますが、評価基準日とは、その基準とした日をいいます。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?