企業会計ナビ
退職給付会計

グルーピング

(ぐるーぴんぐ)

退職給付債務は、原則として個々の従業員ごとに計算することになっています。しかし、計算を簡略化するために、従業員を年齢、勤続年数、残存勤務期間、職系(人事コース)などによってグルーピングして、各グループごとに、標準的な数値を用いて退職給付債務を計算することも認められています。なお、グルーピングをして計算する場合には、計算された退職給付債務が、個々の従業員ごとに計算した場合と比較して重要な差異がないことが必要となります。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?