企業会計ナビ
退職給付会計

原則法(退職給付)

(げんそくほう(たいしょくきゅうふ))

小規模企業等に対して認められている簡便法に対して、退職給付に係る会計基準等で規定されている原則的な方法を原則法といいます。原則法では、将来の退職給付の見込み額のうち、認識時点までに発生していると認められる額を割り引いて計算した退職給付債務を用いて、退職給付引当金及び退職給付費用を計上します。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?