企業会計ナビ
退職給付会計

データ基準日

(でーたきじゅんび)

退職給付債務を計算するにあたって必要となるデータとしては、在籍する従業員についての各個人ごとの人事に関するデータ(年齢、生年月日、勤務年数、給与など)と、将来の退職給付を予測する上で必要となる基礎率(割引率、期待運用収益率、予定昇給率、退職率、死亡率、予定一時金選択率など)がありますが、データ基準日とは、これらのデータを集めるにあたって基準とした、ある一定の時点をいいます。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?