企業会計ナビ
退職給付会計

遅延認識

(ちえんにんしき)

過去勤務債務および数理計算上の差異については、必ずしも発生年度に全額を費用処理しなくても、平均残存勤務期間内の年数にわたって規則的に費用計上していくことも認められています。
遅延認識とは、このように、過去勤務債務および数理計算上の差異の費用計上を、発生年度の翌年以降に繰り越して費用計上していくことをいいます。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?