企業会計ナビ
退職給付会計

ベース・アップ

(べーす・あっぷ)

ベース・アップとは、賃金水準の引き上げのことをいいます。通常、会社では、職種や年齢などに応じ決められた個別賃金の一覧表があり、賃金表、給与テーブルなどと呼ばれ、賃金決定のベースに使われています。ベース・アップはこの賃金表等の金額そのものを引き上げることをいいます。したがって、年齢や勤続年数に応じて自動的に上がる定期昇給(定昇)とは区別されます。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?