企業会計ナビ
その他

従業員持株会(発展)型日本版ESOP

(じゅうぎょういんもちかぶかい(はってん)がたにほんばんいそっぷ)

従業員持株会(発展)型日本版ESOPとは、日本版ESOPのうち、従業員持株会を発展させた形態をとるものです。従来も従業員に対するインセンティブの付与、中長期的な保有を期待できる株主の確保などの目的のため運営されてきた従業員持株会を発展させたものです。

具体的には、導入企業が信託を設定し、信託が導入企業の保証などを裏付けとして金融機関から株式の購入資金の融資を受けます。その後、信託は市場又は導入企業等から当該企業の株式を取得し、その後、従業員持株会へと譲渡していく形となります。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?