企業会計ナビ
その他(継続企業)

合理的な期間

(ごうりてきなきかん)

合理的な期間とは、少なくとも貸借対照表日の翌日から1年間をいいます。
継続企業の前提を評価する際は、少なくとも貸借対照表日の翌日から1年間にわたり事業活動が継続するかを評価する必要があります。



情報量は適当ですか?

文章はわかりやすいですか?

参考になりましたか?